実る田んぼの株主優待ブログ

サラリーマンと実る田んぼ(株主優待生活)を営む兼業農家です。コツコツ株を育てて収穫(優待ゲット)を楽しんでいます。実るほど頭を垂れる稲穂かな。

エイトレッドの株を売却

中東情勢の懸念が少し後退し、1/9の株式市場は大幅な全面高となりました。

どうしようか迷いに迷ったのですが、前々から売ってもいいかなと思っていたエイトレッドの株を売ることにしました。

売却単価@1,709(購入単価@1,243)

株価がある程度上がって利回りが2.5%を下回る形になっていたので、売る候補にしていました。売却して資金に変えて、利回りの良い株を購入して田んぼに植えたいと思っています。

昨年株価が上昇し、一時は2000円を超えていました。その時に売ってればと思ったりもするのですが、そう簡単に判断できないのが株の売買です。十分利益は獲れたので良しとします。

 

色々と社会情勢的に不安要素があるので、日々どうしようか自分の中でも揺れ動きがあります。弱気になって、リスク回避で思い切って全部売ってしまおうとか、思ったりもします。でも、そんな思い切りもなく、結局小さな動きにとどまってます。

でも、基本は「株は手放したら負け、何があっても最後まで持ち続けたものが勝つ」が真だと思っていますので、売却した資金は、しっかりと株に変えて大切に育てていきたいと思います。

不安要素がある時ほどチャンスととらえて、どっしり構えてやっていきます。

 

フジオフードシステムとシステムリサーチの株を売却

1/6の大発会では、中東情勢の緊迫により、株式市場は全面的に大幅安となりましたが、1/7はリバウンドで全面高となりました。

フジオフードシステムとシステムリサーチの株を売却しました。いずれも昨年、株式分割があった銘柄です。保有していた株が分割で増えました。その増えた株のうち株主優待に寄与しない分は、実りのない株となります。実りのない株を売却して資金に変えて、また違う株を購入して田んぼに植えたいと思っています。

 

フジオフードサービスの株を売却

「毎度おおきに食堂」「えびのや」「フジオ軒」等で使える食事優待券がもらえる銘柄です。100株保有で年間6000円分、300株で年間12000円分、1000株で24000円分になります。私の保有株は400株でしたので、100株売ったことにより、キリの良い株数300株になりました。売却単価@1,802(購入単価@1,024)

この株は、妻の田んぼにも先日植えましたので、今年はダブルで収穫ができるようになりました。収穫期が楽しみです。

 

②システムリサーチの株を売却

元々は100株を田んぼに植えてたのですが、放置していたら、分割があり200株になりました。ここは、QUOカードがもらえる銘柄です。分割前100株に対して2000円分だったのですが、次からは、分割後の100株に対して1000円分になるようです。

要するに、増えた100株は株主優待には寄与しない株になってしまいました。というわけで100株を売ることにしました。

売却単価@1,812(購入単価@716)

株価は、購入時から大分上がっていて、200%を超えています。ということで分割で増えた分の株の売却で、元々の調達にかかった分をすべて回収ができたことになります。田んぼに残った分は全て、浮いた分になります。理想的な形となりました。

 

株式分割で増えた株を売却した資金で、新たに株を買っていきたいと思います。今欲しい株が色々とあるのですが、資金が限られているので、候補を絞っていこうとしています。今ですと2月優待、3月優待が候補になるのですが、いろいろ銘柄がそろっていて誘惑されて困ってしまいます、、、

ただ、中東情勢もあり、大きく値が下がる局面をむかえることになることを想定しています。ピンチではあるのですが、安く買えるチャンスでもあるので、慌てずじっくり状況を見極めながら進めていきたいと思います。実る田んぼは、株の売却益よりも、株主優待品(収穫物)を増やすことを目指してやっています。社会情勢がどうであれ、どっしり構えてやっていきます。

2020年大発会 フジオフードシステムの株を売却、アークランドサービスホールディングスの株を購入

今日は、2020年の大発会でした。中東情勢の緊迫により、株式市場は全面的に大幅安となりました。今後のことを考えるといろいろと不安になるのですが、どちみち私が色々考えても答えを知る由もないので、社会情勢はあまり気にせずに、コツコツと実る田んぼの手入れをするしかありません。田んぼの手入れをしながら、平穏な日々が続くのをを願うばかりです。

 

①フジオフードサービスの株を売りました。

ここは、「毎度おおきに食堂」「えびのや」「フジオ軒」等で使える食事優待券がもらえます。100株保有で年間6000円分、300株で年間12000円分、1000株で24000円分になります。保有株数が増えると優待額もアップするのですが、投資効率としては低下します。

私の保有株は500株でしたので、キリの良い株数(100 or 300)に整えたいと思っていました。今日は100株だけ売りました。売却単価@1,781(購入単価@1,024)

残りの400株は、。残りはタイミングを見ながら、どのくらい売却するかと検討していきます。

 

アークランドサービスホールディングスの株を購入しました。

100株 購入単価@1,874。

「かつや」、「からやま」で使える食事優待券がもらえる銘柄です。100株保有ですと、半年に一度、1100円分の食事券がゲットできます。200株保有するとそれが倍になります。昨年末に100株を購入してましたので、今回の購入で保有株数は200株になりました。我が家は、家族全員「かつや」の大ファンです。家族で「かつ丼」を食べに行くのを楽しみにしています。はやく収穫期が来てほしいです。

 

 

今年最初の株式の売却と購入を行いました。株式市場が全面的に大幅安となる中でしたので、いろいろと不安に思うことはあるのですが、いつものように「エイヤー」という感じで、思い切りました。良いスタートが切れたかどうかは、よくわかりませんが、とにかく新しい一年が始まりました。この一年が、頭(こうべ)が垂れるほど実りの多い一年になることを願っております。

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。実る田んぼです。

2020年になりました。今年初めての記事投稿です。昨年9月に始めた”実る田んぼの株主優待ブログ”ですが、今年もボチボチではありますが続けていくようにします。無理はせず、優待銘柄を少しづつ買い漁りながら、少しづつ田んぼを大きくしていきたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。

 

■年末年始のトピックス

さて、この年末年始ですが、家族旅行に行く予定だったのですが、子供がインフルエンザにかかってしまい、キャンセルせざるを得なくなりました。家族みんな楽しみにしていただけに非常に残念ではありましたが、健康第一ですから仕方なしです。元気になれば、旅行はいつでも行こうと思えば行けるのですから。本当に健康第一です。

年末を家でじっくり静養していたおかげで、子供はすっかり元気になりました。幸いだったのが、子供の体調不良・発熱が早くわかってすぐに対応できたことです。分かったのが、12/28土曜日の昼前でした。昼からは近所の病院が軒並み長期休みに入る予定だったのですが、ぎりぎり病院の開いている時間に間に合い、受診してインフルの薬を処方してもらうことができました。少しでも遅れると、病院にかかれず、対応が大幅に遅れるところでした。

病院では、イナビルという薬を服用させてもらいました。口から吸引して服用するタイプです。薬の服用は、この病院での服用1回だけで、あとは家に帰って静養するのみです。以前は、タミフルとかを数日飲み続ける必要がありましたが、イナビルは1回のみなんです。私の小さい頃は、インフルの薬なんていうもの自体聞いたこともなかったですから、医学の進歩には驚かされます。

 

■今年の方針

年末年始、時間ができたので2020年はどうしていこうか考えていました。出した結論としては、私の”実る田んぼ”は、ある程度の大きさになったので、今年は”妻の田んぼ”を大きくします! 2020年1月2日現在、実る田んぼには約100種の株を植えています。一方、妻の田んぼは、まだ、13種の株にとどまっています。実る田んぼで培ったノウハウを、妻の田んぼに活用して、妻の田んぼの規模拡大ができればと思っています。要は、収穫性の良い銘柄については、名義数を増やし、その銘柄での収穫を倍増させようということを考えています。

今までは、手広くいろいろな銘柄をという戦法だったのですが、少し軌道修正です。

手広くいくメリットデメリット、特定銘柄に手厚くいくメリットデメリットの天秤になります。吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、これが今年の方針です。

 

■最後に

週明けから、今年の株式売買が始まります。このブログを見て下さる皆様にとって、この一年が、頭(こうべ)が垂れるほど実りの多い一年になることを祈念いたしまして、新年のあいさつとさせていただきます。

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな by 実る田んぼ

アダストリアとラサ商事の株を購入

アダストリアラサ商事の株を購入しました。

どちらも実る田んぼに植えている銘柄です。妻の田んぼ用に購入しました。

 

アダストリア 100株 購入単価@2,498

アダストリアは、「GLOBAL WORK」「nico and」等の服や小物を売っているお店で使える商品券がもらえます。妻や娘が愛用しています。先日IR発表があり上方修正したようなのですが、今日株が急落していました。下落率が6%を超えていましたので、思い切って買ってみました。以前から2500円をきったらほしいなと思っていて、常にチェックしていました。急に下がってびっくりなのですが、買えてラッキーです。これが吉と出るか凶と出るかは置いといて、、、、

2年以上保有していると、長期優遇により商品券が3000円分から5000円分にアップします。基本、長期保有のつもりで田んぼに放置しておく予定です。

 

ラサ商事 100株 購入単価@984

ラサ商事は、QUOカードがもらえる銘柄です。ここは配当が高く利回りが年率3.8%ぐらいあります。それにつられて買ってます。ここも長期優遇があります。1年以上持っているとQUOカードの額が倍増します。基本、長期保有のつもりで田んぼに放置しておく予定です。

 

まだ2019年ではありますが、一足先に2020年のNISA枠をさっそくビシバシ使ってます。

来年も良い年であることを願っております。

ではでは。

実る田んぼの流儀(田んぼを手入れする時の何となくのルール)

プロフィールのところにも書いているのですが、実る田んぼの ルールは、次を基本としています。 

①優待銘柄を買い集める。(優待+配当で利回り2.5%以上)  ②売却益や配当が出たら再投資する。  ③株価が下がっても損切りしない。  ④パチンコ・スロットをしない。    ※①~③はルーズにしていますが、④は絶対厳守。パチンコ・スロットするくらいならどんなボロ株でもいいから株式投資! 

 

もっと、詳細のところをお話しすると、以下のような感じで、田んぼの手入れをやっています。適切な手入れかどうかは、人によって評価はまちまちかもしれませんが、一応これで毎年収穫はできていて、年率7%くらいの利回りで、田んぼの運営ができています。

 

■田んぼに植える株の入手における流儀

緩い感じではやっているのですが、次の8ポイントぐらいが、私の中での購入のポイントです。

1.配当+優待 利回りが2.5%以上

2.営業利益率が5%以上

3.自己資本比率が40%以上

4.不動産関連以外

5.欲しい優待の品であること

6.できれば東証1部

7.下がり気味のチャート

8.購入資金(現金)ができ次第買う

  ※口座の現金はなるべく株に変えておく。

  ※買い付け余力を最小化しておき何か売らないと買えない状態にしておく。

 

購入候補のリスト(100社ぐらい)を作り、ほぼ毎日チェックしています。

欲しくなったタイミングで、資金の準備を始め、整えば購入しています。

 

■田んぼの株を売却するときの流儀

売る時も緩い感じではやっているのですが、次の3ポイントぐらいが、私の中での売却のポイントです。

1.基本、売らない

2.欲しい銘柄が出てきたときに何を売るか検討する。

3.売却の銘柄候補は、株価上昇で利回りが2.5%を下回ったもの、あるいは、長い塩漬け状態から値が戻ったもの。損切りになるものは避ける。

 

---

2019年12月末の時点で、約100銘柄を保有しています。

以前は、あれも欲しい・これも欲しいだったのですが、最近は欲しい銘柄があまりなく、どうしようか悩んでいます。優待銘柄は全部で1500銘柄ほどあるようなのですが、どうも触手が伸びません。

2020年からは、少し違う方向に進めていくかもしれません。いろいろ検討していく予定です。

ミューチュアルのカタログギフトで頼んだベルギーワッフル到着

ミューチュアルのカタログギフト(1500円相当)で選んだ品、ベルギーワッフルが届きました。12月頭にカタログギフトが届き、すぐに選んで発注し、先ほど到着しました。

 

ワッフルは、プレーンが3個、ココアが2個の計5個入っています。メイプルシロップも2個ついています。賞味期限は、2月2日ですので、あと大体1か月もちます。マネケンのホームページでワッフルの値段をみると、1個130~150円ぐらいですので、5個入りで実質700円分くらいですかね。

f:id:minorutanbo:20191228160444j:plain

ミューチュアル カタログギフト ベルギーワッフル

甘いものには目がない我が家の娘たちが、さっそく箱からワッフルを取り出し、むしゃむしゃと食べ始めました。当然、私の分もあっという間に食べられてしまいました。

マネケンのワッフルは大人気です。

ミューチュアルからの株主優待は、今回で2回目です。前回もワッフルを頼んで、家族に好評だったので今回もそうしたのですが、家族の様子を見る限り、当分この流れは続きそうです。

ということで、我が家では年末にワッフルを収穫するのが恒例行事になりつつあります。(初夏は、MORESCO〔5018〕から届く優待品アンリシャルパンティエの洋菓子を食べるのが恒例になっています。)

 

今回の優待品が、カタログギフトで頼んだ品で今年最後に届く品になるかと思います。

カタログギフトは、選ぶ楽しさがあり非常に好きです。家族で「あれが良い」「これが良い」と会話がはずみます。忘れたころに届くサプライズ感もいいです。また、届いた品でテーブルを囲みながらの「あーだ」「こーだ」の言いあいが、食事を盛り上げてくれます。ほんとにカタログギフトはありがたいです。

今年は、田んぼに植えていた株が少なかったので、カタログギフトが数個しか収穫できませんでした。でも今年は、田んぼを耕し、たくさんの株を植えることができました。来年は、ゲットできるカタログギフトは倍増する予定です。順調にいけば、10数個ゲットできるはずです。

今年、飛躍的に拡大した実る田んぼ、来年の収穫が本当に楽しみです。

 

フジオフードシステムの株を売ったり、買ったり

本日は2019年ではありますが、株としては、2020年の取得・売却の株となります。

フジオフードサービスの株を売ったり買ったりしました。

ここは、「毎度おおきに食堂」「えびのや」「フジオ軒」等で使える食事優待券がもらえます。100株保有で年間6000円分、300株で年間12000円分、1000株で24000円分になります。保有株数が増えると優待額もアップするのですが、投資効率としては低下します。

以前からフジオフードサービスの株を300株保有していて、本日、株式分割により600株に増えました。600株だと効率が悪いので、キリの良い株数(100 or 300)に整えたいと思っています。一方、名義を増やせば投資効率を上げることができるので、妻の田んぼにも株を植えたいと考えました。

ということで、実る田んぼの600株のうちの半分を売却する方針です。今日は、権利落ち日ですので株価の変動が激しいので、100株だけ売却することにしました。

売却単価@1,840(購入単価@1,024)。残りはタイミングを見ながらと考えています。

一方、妻の田んぼ用に、100株を購入しました。100株 購入単価@1,838。

 ※@1,840で売却し、@1,838で購入した形になりました。

 

結局、本日の段階では、家族での保有株数は600株と変わらずです。でも、名義が2つになったので、株主優待は1名義分(年間6000円分)多く収穫できるようになります。

 取引前:実る田んぼ600株・妻の田んぼ 0株 →年間 12,000円分

 取引後:実る田んぼ500株・妻の田んぼ100株 →年間 18,000円分

 

今後は、次のいずれかの形にしたいと思っています。

 ①実る田んぼ300株・妻の田んぼ100株 →年間 18,000円分

 ②実る田んぼ300株・妻の田んぼ300株 →年間 24,000円分

 ③実る田んぼ100株・妻の田んぼ100株 →年間 12,000円分

まずは、①の状態にし、その後の様子を見ながら、②③に進めるかどうかを判断したいと思っています。③は、優待の額としては小さいですが、効率は高いです。現状、大きく含み益が出ているので、できれば③に進めて、浮いた資金で別の株(寿司が収穫できる株)を買いたいと思います。

アークランドサービスホールディングスの株を購入

アークランドサービスHDの株を購入しました。100株 購入単価@1,893。

今人気の「かつや」、「からやま」で使える食事優待券がもらえる銘柄です。100株保有ですと、半年に一度、1100円分の食事券です。200株保有するとそれが倍になります。

今年の株式の売買は、自分の中では終わりにしていたつもりなのですが、何を思ったのか、ついつい衝動買いしてしまいました。

というのも、

いつもヤフーファイナンスを見ているのですが、今日の午前中は、何らかのトラブルでヤフーファイナンスに表示される株価が更新されず先週のままとなっていました。それに気づかずに、「権利日が近いにもかかわらず、なんか今日は値下がりしているぞ。とりあえず買わねば!」と、チャンスだと思い込み急いで成り行き注文を出して購入しちゃったんです。

約定してから、ヤフーファイナンスのトラブルに気が付きました。

結果として、吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、自分のアホさにはびっくりしました。でも、今は自分の行為に納得もしてます。なんとなく前から、「かつや」の株を欲しかったのは事実でしたし、年末を迎え、現金よりも株に変えて何らかの優待の権利や配当をもらいたいと思っていました。そして、ブログを始めた悪影響というんでしょうか、優待品が来ない日は、やることがないので、何らかの売り買いをしてネタを作ろうかな? と、頭のどこかで思っているところがあります。

そんな感じですので、何かちょっとしたことがトリガーとなって、それに反応してしまうんでしょうね。今回の衝動買いは、成るべくして成ったことだと思っています。要は、買いたかったんでしょうね。いずれは買うのでしょうから、買ってすっきりしました。

 いずれにしろ、これで「かつや」の食事券をゲットできることになります。我が家は、家族全員「かつや」の大ファンです。家族で「かつ丼」を食べに行くのを楽しみにしています。はやく収穫期が来てほしいです。

2019年の収益、収穫まとめ/今年のもうけは過去最高+146

2019年も年末を迎え、残りあとわずかとなりましたので、

今年2019年の実る田んぼの収益、収穫をまとめたいと思います。

 2019年の実る田んぼでの収益【売却益+配当(税引後)】は、

過去最高の+146 でした。単位については、生々しくなるので記載していません。ご想像にお任せします。売却益が+109、配当益が+37です。銘柄数は20程度増えて約100となりました。

 

過去の収益も記載しておきます。こんな感じです。

■売却益+配当(税引後)

  • 2019年:+146  / 売却益+109、配当益+37、優待銘柄 約100
  • 2018年:+128  /  売却益+99、配当益+29、優待銘柄 約80
  • 2017年:+74  /  売却益+41、配当益+33
  • 2016年:+53  /  売却益+28、配当益+25
  • 2015年:+66  /  売却益+48、配当益+18
  • 2014年:+35  /  売却益+31、配当益+4
  • 2013年:+7  / 内訳不明
  • 1998~2012年:+76 / 内訳不明

サラリーマンになって最初のころ(1998~2012年)は、ほとんど株をやっていませんでした。2010年に家を購入してからは、大きな買い物がなくなったので、貯金に回していたのですが、なんかもったいないなと思い、株を買い始めました。自分の中では、2014年6月から本格参戦したと思っています。優待銘柄ばっかりを売り買いしながら、少しずつ増やしてきました。1年ごとに大体20銘柄ぐらい増えています。昨年2018年には収益が大台の+100を超えました。そして、今年はその勢いのまま、さらに収益を伸ばし、見事過去最高益を達成することができました。年間の利回りでいうと、大体7%ぐらいで回っています。

また株主優待品(収穫物)については、収益にはカウントしていません。優待品をカウントしたとすると、優待額面で(2019年)約+30ぐらいです。ただ、優待の実際の価値は、額面より落ちるので、自分の中では7掛けと考えていますので、株主優待品(収穫物)は(2019年)実質+20ぐらいと考えています。

それなりに、収益源というか事業として成り立ってきたので、この活動を”実る田んぼ”と名付け、サラリーマンと実る田んぼ(株主優待生活)を営む兼業農家という体にしてみました。今年の9/22に本ブログを立ち上げましたので、今日でちょうど丸々3か月になります。

今年は、大きな上昇の風が吹き、”実る田んぼ”は豊作となりました。頭を垂れて感謝申し上げます。また、来年もこうべが垂れるほど、実りの多い一年になることを願っています。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。